カテゴリー
更級日記

(四)太井川

 翌朝早くそこを立って、下総の国と武蔵の国との境になっている太井川の川上の瀬、「まつさと」の渡し場に泊まって、夜もすがら舟にてかつかつ物など渡す。
 私の乳母である人は、夫なども亡くしていて国境で子を産んだので、離れて別に上る。
 いたく恋しいのでそちらへ行きたく思っていると、私の兄に当たる人が連れていってくれた。
 皆は、仮屋といっても風が透かないように幕を引き渡しなどしているのに、こちらは、男なども添うていないので、本当に手をかけられず粗末で、とまというものを一重しかふいてないので月が残りなく差し入っているところに、くれないのきぬを上に着て、苦しんで伏している乳母には、月影も格別に透いて、いとも白く清げで、私のことを珍しく思ってなでては泣くのを、いたく悲しく見捨てがたく思うけれども、急いで連れてゆかれるその心地は、本当に物足りなく耐えきれない。
 乳母が幻に見えるようで悲しいので、月の興も感じず、気が塞いで伏していた。
 翌朝早く、車を担いできて舟に置いて渡し、向こう岸でそれを起こして、送りにきた人々もここから皆帰った。
 上る者もそこにとどまって行き別れる折、とどまるも行くも皆泣きなどする。
 幼心にも物悲しく見えた。
Pocket
LINEで送る

作成者: com

内容
・日本の(主に平安)古典の現代語訳

対象読者
・古文の授業で習った作品の全体像を知りたい中高生
・日本の古典にもう一度触れてみたくなった大人

翻訳の方針
・主語をなるべく補う。呼称もなるべく統一。
・一つの動詞に尊敬語と謙譲語が両方つく場合、尊敬語のみを訳出。
 (例)「見たてまつりたまふ」→「御覧になる(×拝見なさる)」
・今でも使われている単語は無理に言い換えない。
・説明的な文章を排し、簡潔に。

※これらは受験古文の方針とは異なるかもしれませんが、現代語としての完成度を優先しました。

作品
・完了 :更級日記(令和二年四月~七月)
・進行中:源氏物語(抄)(令和二年七月~)
・今後手がけたい:とはずがたり、紫式部日記、枕草子、蜻蛉日記、和泉式部日記、夜の寝覚め、堤中納言物語、伊勢物語、竹取物語、大鏡、増鏡、土佐日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です