カテゴリー
更級日記

(十六)疫病

 その春は世の中がはなはだ騒然として、まつさとの渡りで月に映った影を物悲しく見たあの乳母も、弥生の月初に亡くなった。
 やりきれなく悲しくて、物語の知りたさも感じなくなった。
 そうしてひどく泣き暮らして、外を見れば、夕日が至って際やかに差しているところに、桜の花が残りなく散り乱れている。
 
  散る花も また来む春は見もやせむ
   やがて別れし人ぞ恋しき
 
(散った花でも、また来る春には見ることもあろう。あのまま別れた人が恋しい)
 
 また聞けば、藤原行成ふじわらのゆきなり大納言の娘御もお亡くなりになったという。
 夫の中将も悲しんでいるというその様を、自分もそうした折なのではなはだ悲しく聞く。
 着京した頃、これを手本にせよと言ってこの姫君の御手蹟しゅせきを頂いたのだけれども、
 
  さ夜更けて寝覚めざりせば
 
(夜が更けたまま、もし目が覚めなかったら)
 
などと書いて
 
  鳥辺山 谷にけぶりの燃え立たば
   はかなく見えし我と知らなむ
 
(鳥辺山の谷に煙が燃え立ったら、それは、はかなく見えていた私だと知ってほしい)
 
と、言い知れぬほど上手に美しくお書きになっているのを見てますます涙が添わる。
Pocket
LINEで送る

作成者: com

内容
・日本の(主に平安)古典の現代語訳

対象読者
・古文の授業で習った作品の全体像を知りたい中高生
・日本の古典にもう一度触れてみたくなった大人

翻訳の方針
・主語をなるべく補う。呼称もなるべく統一。
・一つの動詞に尊敬語と謙譲語が両方つく場合、尊敬語のみを訳出。
 (例)「見たてまつりたまふ」→「御覧になる(×拝見なさる)」
・今でも使われている単語は無理に言い換えない。
・説明的な文章を排し、簡潔に。

※これらは受験古文の方針とは異なるかもしれませんが、現代語としての完成度を優先しました。

作品
・完了 :更級日記(令和二年四月~七月)
・進行中:源氏物語(抄)(令和二年七月~)
・今後手がけたい:とはずがたり、紫式部日記、枕草子、蜻蛉日記、和泉式部日記、夜の寝覚め、堤中納言物語、伊勢物語、竹取物語、大鏡、増鏡、土佐日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です