カテゴリー
源氏物語

須磨(二)

源氏、二十六歳、隠棲。その二三日前、左大臣の御殿に渡る。
国立国会図書館デジタルアーカイブより
二条院に帰って紫上のところにとどまる。
国立国会図書館デジタルアーカイブより
次の日、花散里のところに渡る。二条院に帰って所領を紫上に預け渡す。
文を朧月夜のもとに残す。
北山の桐壺院御陵に参る。
国立国会図書館デジタルアーカイブより
文を王命婦に遣わして東宮に啓する。
 
紫上、別れを惜しむ。
 
源氏、申の時に須磨の浦に下着げちゃく
国立国会図書館デジタルアーカイブより
長雨の頃、使者を立てて文を京の所々に遣わす。
文を六条御息所に奉ってまた御息所より使いがある。
 
花散里ら、文を見る。
国立国会図書館デジタルアーカイブより
文月、朧月夜、内裏に帰参。
 須磨では、たださえ秋風が気をもませるのに、海は少し遠いのではあるが、在原行平ありわらのゆきひら中納言の、
 
  せき吹き越ゆる
 
(関を越えて吹く)
 
と言ったとかいうあの浦風に加えて波が、夜な夜な寄せてその音は本当に近くから聞こえるようで、またとなく悲しいものはこんなところの秋であった。源氏のお前は至って人少なでそれも皆休んでいるのに、独り目を覚まして、枕をそばだてて四方よもの嵐をお聞きになると、波がただそこに立ってくる心地がして、涙が落ちたとも思われないのに枕も浮くばかりになってしまった。きんを少しかき鳴らされたが、我ながら至って恐ろしく聞こえるので、弾きさされて
 
  恋ひわびて泣く音にまがふ浦波は
   思ふ方より風や吹くらむ
 
(人を恋い、思い煩って泣くような音を、この浦の波が立てるのは、私の心に掛かる方から風が吹いているからであろうか)
 
と歌っておいでになると人々は、目を覚まして、結構なことに思われるので、忍ばれず、どうにもならずあまねく起き直ってははなを忍びやかにかんでいる。
Pocket
LINEで送る

作成者: com

内容
・日本の(主に平安)古典の現代語訳

対象読者
・古文の授業で習った作品の全体像を知りたい中高生
・日本の古典にもう一度触れてみたくなった大人

翻訳の方針
・主語をなるべく補う。呼称もなるべく統一。
・一つの動詞に尊敬語と謙譲語が両方つく場合、尊敬語のみを訳出。
 (例)「見たてまつりたまふ」→「御覧になる(×拝見なさる)」
・今でも使われている単語は無理に言い換えない。
・説明的な文章を排し、簡潔に。

※これらは受験古文の方針とは異なるかもしれませんが、現代語としての完成度を優先しました。

作品
・完了 :更級日記(令和二年四月~七月)
・進行中:源氏物語(抄)(令和二年七月~)
・今後手がけたい:とはずがたり、紫式部日記、枕草子、蜻蛉日記、和泉式部日記、夜の寝覚め、堤中納言物語、伊勢物語、竹取物語、大鏡、増鏡、土佐日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です