カテゴリー
更級日記

(七)足柄

 足柄山というのは四、五日も前から一面に鬱蒼として恐ろしげである。
 これから次第に入り込むという麓の辺りにあってすら、空の様子もはっきりと見えない。
 一面言いようもないほど茂っていて、いとも恐ろしげである。
 麓に宿っていると、月もなくて暗く、闇に惑うような夜に、遊び女が三人、どこよりともなく現れ出た。
 五十ばかりのが一人と、二十ばかりのと、十四、五のとがいる。
 いおりの前に唐傘を差させてそこに三人を据えた。
 男どもが火をともして見れば、昔「こはた」とかいった者の孫だという女は、髪は至って長く、額に本当に良くかかって、色は白く小綺麗で、このままで立派な下仕えなどにできるだろうなどと人々が感心していると、声はおよそ似るものがなく、曇りなく空に昇って、美しく歌を歌う。
 人々がはなはだ感心して近くで興じていると、西国の遊び女ではこうは行くまいなどと言ったのを聞いて
 
  難波なにはわたりに比ぶれば
 
(難波辺りに比べれば)
 
と美しく歌っている。
 見る目も至って小綺麗なのに、声さえ似るものなく歌って、これほど恐ろしげな山中に立ってゆくのを、人々は物足りなく思って皆泣くけれども、幼心にはなおさら、この宿りを立つことさえ物足りなく思われる。
 まだ暁という頃より足柄を越える。
 山の中はなおさら言いようもなく恐ろしげである。
 雲は足の下に踏まれる。
 山の中ほどばかりの、木の下の僅かな地面にあおいがただ三筋ばかりあるのを、世間に遠ざかってかくのごとき山中にも生えたのであろうよと人々が尊がる。
 水はその山に三所流れている。
 ここを辛うじて越えて出て、関のある山にとどまった。
 これよりは駿河である。
 横走よこはしりの関の傍らに岩壺いわつぼというところがある。
 言いようもないほど大きな四角な石の真ん中に穴が開いている。その中より出る水の清く冷たいことは一通りでない。
Pocket
LINEで送る

作成者: com

内容
・日本の(主に平安)古典の現代語訳

対象読者
・古文の授業で習った作品の全体像を知りたい中高生
・日本の古典にもう一度触れてみたくなった大人

翻訳の方針
・主語をなるべく補う。呼称もなるべく統一。
・一つの動詞に尊敬語と謙譲語が両方つく場合、尊敬語のみを訳出。
 (例)「見たてまつりたまふ」→「御覧になる(×拝見なさる)」
・今でも使われている単語は無理に言い換えない。
・説明的な文章を排し、簡潔に。

※これらは受験古文の方針とは異なるかもしれませんが、現代語としての完成度を優先しました。

作品
・完了 :更級日記(令和二年四月~七月)
・進行中:源氏物語(抄)(令和二年七月~)
・今後手がけたい:とはずがたり、紫式部日記、枕草子、蜻蛉日記、和泉式部日記、夜の寝覚め、堤中納言物語、伊勢物語、竹取物語、大鏡、増鏡、土佐日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です