カテゴリー
更級日記

(五十七)再び宮仕え

 私が参上し始めた例の宮においても、こうして閉じ籠もってしまったことを誠ともおぼし召さない様子を人々から聞かされ、絶えずお召しなどもある内に、取り分けあの若いめいを来させよと仰せられるので、断れずお出ししたのに引かされて私も時々出ていったのだけれども、それは、過ぎてしまったあの頃のように、おごった心に、当てにならぬ頼みをかけていたわけではないが、さすがにめいに引かれて折々御前へ出ていったのである。すると、慣れた人は何事につけてもこよなく物慣れた顔をしており、私はといえば、本当の若人でいられるはずもなく、また、頭になれるような声望もなく、時々来る客人ということで放っておかれ、漫然とそこにいたようなものだけれど、ひとえにそこを頼まねばならぬわけでもないので、自分に勝る人があっても、うらやましくもなくかえって心安く思われて、適当な折節に参上して適当なつれづれな人と話をしたりして、めでたい行事にも、面白く楽しい折々にも、かように自分は立ち交じっており、そんなところを人にあまり見られ、知られるのもはばかられようから、通り一遍には話を聞いて過ごしていたのであるけれども、内裏へのお供に私も参上した折のこと、有明の月がいたく明るいので……私の念じ申し上げている天照大神は内裏においでになるということだ。この折に参拝してみよう……と思って、卯月ばかりの、月の明るい夜に、非常に忍んで参上したところ、そこにいた女史は縁続きなので、灯籠の火が至ってほのかである中に、驚くほど老いてすごくもあるが、さすがに至ってよく物を言いつつ前に坐っているのが、人とも思われず、神が現れなさったかと思われる。
Pocket
LINEで送る

作成者: com

内容
・日本の(主に平安)古典の現代語訳

対象読者
・古文の授業で習った作品の全体像を知りたい中高生
・日本の古典にもう一度触れてみたくなった大人

翻訳の方針
・主語をなるべく補う。呼称もなるべく統一。
・一つの動詞に尊敬語と謙譲語が両方つく場合、尊敬語のみを訳出。
 (例)「見たてまつりたまふ」→「御覧になる(×拝見なさる)」
・今でも使われている単語は無理に言い換えない。
・説明的な文章を排し、簡潔に。

※これらは受験古文の方針とは異なるかもしれませんが、現代語としての完成度を優先しました。

作品
・完了 :更級日記(令和二年四月~七月)
・進行中:源氏物語(抄)(令和二年七月~)
・今後手がけたい:とはずがたり、紫式部日記、枕草子、蜻蛉日記、和泉式部日記、夜の寝覚め、堤中納言物語、伊勢物語、竹取物語、大鏡、増鏡、土佐日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です