カテゴリー
更級日記

(六十二)春秋論

 月卿雲客げっけいうんかくに対面する人は定まっているようなので、物慣れない実家住まいの私などはいるかいないのかすら知られるべくもないけれども、神無月の初め頃の至って暗い夜に
「不断経で声の良い人々が読む折ですよ」
ということで、そちらに近い戸口に二人ばかりで立って出て聞きつつ、物にもたれて話をしていたところに参った人があったけれども、
「逃げるようにつぼねへ入って、人を呼び上げたりするのも見苦しいでしょう。さもあらばあれ、よい折だからここにいましょうよ」
と今一人が言うので、傍らに坐って聞いていたところ、静かに落ち着いたその素振りは、取るに足りない人とも聞こえない。
 今一人はどなたかなどと問うて、世の常のように卒爾に懸想めいたことを言うでもなく、世の中の哀れなことなどを細やかに言い出して、私たちもさすがに、厳しく引っ込んでい難いような節々があり、答えなどするのを、
「知らない人がまだいたのですね」
などと珍しがって、とみに立ってゆきそうもない間、星の光すら見えずに暗く、時雨が降っては木の葉にかかる音が面白いので
「こんな夜はかえって優美ですね。月がくまなく明るくても、間が悪くて恥ずかしいことでしょう」
 そうして春秋のことなどを言って
「時に従って見ていきますと、春はかすみが面白く、夜空ものどかにかすんで、月の面も、あまり明るくもなく、遠く流れるように見える頃、琵琶の風香調ふこうじょうを緩やかに弾き鳴らしていたりするのは、本当にうれしく聞こえますけれども、また、秋の月がはなはだ明るいので、空に一面に霧がかかっていても、手に取るばかりさやかに澄み渡っているところに、風の音、虫の声と、取り集めてまいったような心地がする頃、そうがかき鳴らされていたり、澄んだ音に横笛が吹かれていたりするのは、春が何だと思われるほどですね。また、そうかと思えば、冬の夜、空さえはなはださえ渡っているところに、雪が降り積もり光り合っている頃、ひちりきが震えた音を出したりするのは、春も秋も皆忘れてしまいますね」
と言い続けて、あなた方の心に残るのは何かと問うので、
もう一人が秋の夜に心を寄せて答えなさるのに、そうそう同じようには言うまいということで
 
  浅緑 花も一つにかすみつつ
   おぼろに見ゆる春の夜の月
 
(柳の糸は浅緑、桜の花も一つにかすみつつ、おぼろに見える春の夜の月こそ心に残ります)
 
と答えたところ、返す返す誦して、
「それでは、秋の夜は捨てて顧みられないのでしょうね」
 
  こよひより後の命のもしもあらば
   さは春の夜を形見と思はむ
 
(こよいの後にもしも私の命があれば、それでは、春の夜をあなたの形見と思いましょう)
 
と言うので、秋に心を寄せた例の人が
 
  人は皆 春に心を寄せつめり
   我のみや見む 秋の夜の月
 
(人は皆、春に心を寄せてしまうようですね。私だけで見ることにしましょうか。秋の夜の月は)
 
と言うので、はなはだ面白がり、思い煩うたような気色で
「唐土などでも昔より、春秋論はできるものでないということですけれど、そんなふうに判断なさったお心には、思うにその故がございましょう。自身、心がなびいて、哀れとも面白いとも思うことのある折に、そのままその折の空の有り様や、月や花に心を染められるのでありましょう。あなた方が春と秋とを解するようになったその折のことが大いに承ってみたいですね。冬の夜の月といえば、昔より荒涼たるもののためしに引かれておりますけれども、またあまり寒うなどして格別見られもしませんけれども、私が斎宮の御裳着もぎの勅使として伊勢へ下りました時に、曉に、もう帰京するということで、その数日で降り積もった雪の上に月の光が至って明るいところへ、旅の空だとさえ思えば、心細く思われましたけれど、斎宮のところにいとま乞いに参上しましたところ、この辺りはほかのところと違うという思い込みさえあるので恐ろしいのですけれども、相応のところに召されまして、円融院の御代より参上していたという、本当に神さび古びた気配の人が、至って由緒も深く故事を語り出して、泣いたりしまして、よく律呂りつりょを合わせた琵琶を差し出されたのは、この世のこととも思われず、夜が明けてしまうのも惜しく、京への思いも絶えてしまうばかりに思われましてより、雪の降る冬の夜を解するようになって、火桶を抱いても必ず出ていって坐して見るようになりました。こんなふうにお思いになった故があなた方にも必ずございましょう。それではこの辺で。こよいよりは、時雨が降るような闇夜もまた心に染みることになりましょう。あの斎宮の雪の夜に劣るような心地もしません」
などと言って別れた後、誰とも知られまいと思っていたのに、翌年の葉月に、宮が内裏へお入りになるので夜もすがら殿上で御遊びがあったのにその人が伺候していたのも知らず、その夜はつぼねに明かして、細殿のやり戸を押し開けて外を見たところ、暁方の月が有るか無きかで面白いのを見ていると、靴の音が聞こえて、読経などしている人もあったのである。読経の人はこのやり戸の戸口に立ち止まって物を言ったりするのに答えていると、ふと思い出して
「あの時雨の夜が、片時も忘れぬほど恋しかったのですよ」
と言うのだけれども、言葉で長く答えるべき折でもないので
 
 何さまで思ひいでけむ
  なほざりの 木の葉に掛けし時雨ばかりを
 
(なぜそうまでお思い出しになるのでしょう。木の葉に掛かった時雨ほどの、なおざりなやり取りでしたのに)
 
と、最後までも言わぬのに、人々がまた来合わせたのでそのまま滑るようにつぼねに入って、その夜に退出してしまったので、あの夜一緒にいた人を訪ねてあの方が返しをしていたことなども後に聞いたのである。
「『以前の時雨のようなときに、何とかして琵琶の音を、覚えている限り弾いてお聞かせできましたら』ということです」
と聞くので、聞きたくて、私もそんな折を待ったのに更にない。
 春頃、のどやかな夕方、あの方が参ったと聞いて、その夜一緒にいた人といざり出ると、外に人々が参り、内にはいつもの人々がいるので、出てゆきさしてまた入ってしまう。
 あの方もそう思ったのであろう。しめやかな夕暮れと推し量って参ったのに、騒がしいので退出したと見える。
 
  加島見囂みて鳴がれいづる
   心は得きや いそのあま人
 
(加島を見ながら鳴門の浦にこぎ出すのではありませんが、私たちが、鳴る戸をかしましく思いながら心はあなたに焦がれていたのを、理解しておいででしたか。いそにいる海士でもないあなたは)
 
と言うばかりで終わったのである。
 あの方は、人柄も至って生真面目で、世間並みでもなく、その人はあの人はなどと尋ねることもなくて時が過ぎてしまった。   
Pocket
LINEで送る

作成者: com

内容
・日本の(主に平安)古典の現代語訳

対象読者
・古文の授業で習った作品の全体像を知りたい中高生
・日本の古典にもう一度触れてみたくなった大人

翻訳の方針
・主語をなるべく補う。呼称もなるべく統一。
・一つの動詞に尊敬語と謙譲語が両方つく場合、尊敬語のみを訳出。
 (例)「見たてまつりたまふ」→「御覧になる(×拝見なさる)」
・今でも使われている単語は無理に言い換えない。
・説明的な文章を排し、簡潔に。

※これらは受験古文の方針とは異なるかもしれませんが、現代語としての完成度を優先しました。

作品
・完了 :更級日記(令和二年四月~七月)
・進行中:源氏物語(抄)(令和二年七月~)
・今後手がけたい:とはずがたり、紫式部日記、枕草子、蜻蛉日記、和泉式部日記、夜の寝覚め、堤中納言物語、伊勢物語、竹取物語、大鏡、増鏡、土佐日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です