カテゴリー
源氏物語

若紫(一)

源氏、十八歳。
 
三月の末、わらわやみの加持のため北山のひじりの坊に向かう。遊山のついでに、某僧都の姉である尼たちの隠れているところを望む。供人、諸国の名所を物語るついでに明石あかし入道の娘の有り様を申す。
「さあ、そうはいっても田舎びておりましょう。幼い頃よりそんなところで育って、旧式な親にばかり従っているようなのは」
「母親は、故ある家の人のはずですがね。親類を尋ねて、都のやんごとない方々から麗しく若い従者を取るなどして、まばゆいほどに娘を取り扱っておりますそうな」
「不人情な人が下って行ったら、そう心安くも置いておけまいに」
などと言う者もある。源氏の君は、
「どんなつもりで海の底まで、深く思い込んでいるのでしょう。底の海松みるではないが見る目もいとわしいですね」
などとおっしゃって、それでいて珍しく思っておいでになる。人々は「こんな話も、並々ならず偏ったことがお好きなお心であるからお耳に留まるのであろうか」と拝見する。
「暮れ掛かっているのに病は起こらなかったようですが、早くお帰りになってはいかがでしょう」
と言うけれども、大徳は
「物のなどが加わっている御様子でございましたので、こよいはなおも静かに加持などなさって、それからお帰りなさい」
と申す。
「誠にそうでしょうね」
と皆が申す。君も、こんな旅寝はさすがに慣れておらぬことでもあり面白くて
「それでは明日の暁に」
とおっしゃる。いい人もおらず寂しいので、夕暮れの深いかすみに紛れてあの小柴垣こしばがきの辺りにおいでになる。ほかの人々はお帰しになってから惟光これみつ朝臣あそんとのぞいて御覧になれば、すぐこちらの西表に持仏を据え奉ってお勤めをしている人は尼であった。すだれを少し上げて花を奉るのが見える。真ん中の柱に寄って、脇息きょうそくの上に経を置いていたく苦しそうにすわって読んでいるその尼君は、並の人と見えず、四十余ばかりで色は至って白く、品は良く、痩せてはいるけれども頬はふくよかで、目元も、綺麗きれいにそいである髪の末も、君は「かえって、長いよりも殊の外しゃれたものだな」と感心して御覧になる。姿の良い年配の女房が二人ばかり、そのほか童子が出入りして遊んでいる。中には、十ばかりであろうかと見えて、白いきぬ、山吹襲やまぶきがさねなどの慣れたのを着て走ってきた女の子は、あまた見えているほかの子供には似るべくもなく、生い先も素晴らしく見える愛らしい姿である。髪は、扇を広げてあるようにゆらゆらとして、顔は、擦って真っ赤にして立っている。
「何事です。童と喧嘩をなさいましたか」
と言ってあの尼君が見上げたけれど、少し似ているところがあるので親子のようだと源氏は御覧になる。
すずめの子を犬君いぬきが逃がしてしまったのです。伏せの内に閉じ込めておいたのに」
と言って、いたく口惜しがっている。こちら側に坐っていた方の女房が
「例の考え無しがまたこんなことをして叱られる。嫌になってしまいますね。けれど、どちらへ逃げたのでしょう。本当にだんだんかわいらしくなってきたところですのに、からすなどが見付けるといけませんから」
と言って、立ってゆく。髪はゆったりとして非常に長く、人好きのする顔立ちに見える。少納言の乳母めのとと人がいうようであるが、この子の後見なのであろう。尼君が
「まあ幼いこと。ふがいなくていらっしゃるのね。私がこんなふうに今日明日にもと感じているこの命は何ともお思いにならないで、雀をお慕いになるほどとは。罪を得ることだと常に申し上げておりますのに、情けない」
と言って、こちらへと言えば、その子は膝を突いている。頬は至って愛らしくて眉の辺りは薄い煙のごとく見え、子供らしく前髪を払いのけた額の様子が、はなはだ愛らしい。年たけてどうなるのか知りたくなる人であるよとお目に留まる。「これも、この上なく心を尽くし申し上げるあの人に本当によく似ているので、それで見つめてしまうのだな」と思うにも、涙が落ちるのである。
土佐派『源氏物語画帖』 メトロポリタン美術館コレクションより
Pocket
LINEで送る

作成者: com

内容
・日本の(主に平安)古典の現代語訳

対象読者
・古文の授業で習った作品の全体像を知りたい中高生
・日本の古典にもう一度触れてみたくなった大人

翻訳の方針
・主語をなるべく補う。呼称もなるべく統一。
・一つの動詞に尊敬語と謙譲語が両方つく場合、尊敬語のみを訳出。
 (例)「見たてまつりたまふ」→「御覧になる(×拝見なさる)」
・今でも使われている単語は無理に言い換えない。
・説明的な文章を排し、簡潔に。

※これらは受験古文の方針とは異なるかもしれませんが、現代語としての完成度を優先しました。

作品
・完了 :更級日記(令和二年四月~七月)
・進行中:源氏物語(抄)(令和二年七月~)
・今後手がけたい:とはずがたり、紫式部日記、枕草子、蜻蛉日記、和泉式部日記、夜の寝覚め、堤中納言物語、伊勢物語、竹取物語、大鏡、増鏡、土佐日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です